メタボリックシンドロームは見た目が太って見えたり、おなか周りに脂肪がついていたら該当するものでは無く、様々な異常が重なっている状態を指すことをご存知でしょうか。
内臓脂肪症候群といわれるように、内臓脂肪が蓄積している人は、血液中の脂質や血圧、血糖も調べる必要があります。
クリニックで行われているメタボリックシンドロームの判断基準は以下のとおりです。

  • ウエストサイズが男性85cm以上、女性90cm以上
  • 血液検査で中性脂肪であるトリグリセライドが150mg/dL以上
  • あるいは善玉コレステロールのHDLが40mg/dLより低い
  • 最高血圧が130mmHg以上である、あるいは最低血圧が85mmHg以上ある
  • 空腹時の血糖が110mg/dL

上記のいずれか2つに以上該当しているとメタボリックシンドロームと診断されます。

内臓脂肪症候群を放置すると、将来心筋梗塞や脳梗塞になる可能性があり危険です。血液がドロドロ血で血栓ができやすい状態であること、血圧が高い状態が続くと血管が弾力性を失って、動脈硬化を引き起こす可能性があるためです。
心筋梗塞や脳梗塞を起こして、部分的に血液の供給が妨げられてしまうと酸素が不足して細胞組織が死んでしまい、一度死んでしまった部分は機能を失い取り戻すことができません。
手当が遅れれば命の危険もある症状にならないために、内臓脂肪症候群であるメタボリックシンドロームを解消させる必要があります。

クリニックで検査を受けて、血液中の脂質や血圧、血糖の値が異常値であるなら、薬による治療が行われるとともに、生活習慣を改善する指導が行われます。すぐに取り組むことができるのは、食生活を変えることと運動を取り入れることです。
たんぱく質や塩分、油っこい食べものやアルコール類を多くとり、高エネルギーの食事をとってきた人は、アルコール量を適量にして魚や食物繊維を意識的に食べるようにしたり、毎日軽い運動を続けて行きます。
歩くことは手軽にできる運動で、通勤中や会社内、家庭でも工夫することで歩く機会を増やすことができます。
軽い運動を続けていくことは、血中脂質の濃度や血圧や血糖値を下げることにつながり、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクを下げて、メタボリックシンドロームの解消につなげていける方法です。
体重の変化に気を配ることも大切で、できれば毎日計って記録を付けるようにすると良いでしょう。
ストレスも良くないので、睡眠を十分にとり、リラックスする時間を設けて過ごすように心がけると良いです。

あなたは大丈夫?もしかしたら予備軍かも

メタボリックシンドロームの判断基準に達していなくても、内臓脂肪の蓄積がみられ減量することでリスクが軽減できる状態の人はメタボリックシンドローム予備軍になります。
ウエストが基準値を超えていて、血液中の脂質、血圧、血糖の中で1つだけ異常がある人や、ウエストが細くてもBMIが25以上の場合は予備軍と考えられます。
BMIの計算の仕方は、体重(kg)÷身長(m)の2乗です。身長がmであることに注意して計算する必要があります。結果が18.5未満であれば痩せている、18.5から25未満であれば普通、25以上であれば肥満です。

メタボリックシンドローム予備軍の人も毎日の食事と運動に気を配ることで、BMIを下げるようにすることが大切です。
過剰に取り組んで反動が出てしまい、数値が悪化することがないよう、少しずつ取り組むようにします。体調や環境が悪い日は無理に運動を行ったりしないで休むようにするべきです。
メタボリックシンドロームの人が喫煙していると、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが相乗的に上がってしまうため、予備軍のうちから禁煙を開始するのも一つの方法です。
会社や地域の健診で行われている検査で、メタボリックシンドロームの判断基準に達するものが一つでもあったなら、意識するようにして改善に努めましょう。